注文住宅(予算によっては希望を叶えられないこともあるでしょう)を建てる際には、どのような人でもじょうぶな土地の上に建てたいになりますよね。自分から沈下の危険性があるような土地の上に、住宅を建てようとする方はいらっしゃらないのです。けれど、土地は目でみて、地盤(建造物の下にある地面のことをいいます)の良し悪しを判断する事は出来ません。そのために、地盤(軟弱地盤の場合には、改良工事による補強が必要となります)調査が必要になってきます。稀に、何十年も前から家が建っていた土地だから頑丈であろう、隣の土地の地盤(建造物の下にある地面のことをいいます)調査で問題が出なかったからこちらも問題ないだろう、などと言っても地盤(河川の近くや埋立地では、液状化現象が起こることもあります)調査が不要だと考えている人もいらっしゃいます。けれど、何十年も前から建っていた家であれば、その頃はまだ地盤(建造物の下にある地面のことをいいます)調査が一般的ではなかった時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)だと考えられます。もしかすれね、運よく今まで何事もなかったと言えますよね。また、場所によって地盤(かたいところとやわらかいところがあり、やわらかいところは建造物を支える力が弱くなります)の状況が全く異なるケースも多々あるため、隣が大丈夫だからウチの土地も大丈夫、とは言い切れないのが現実だと思います。これから、何10年も住み続けるだろう、ご自身の家です。ちょっとでも不安のない土地の上に建てて、不安がなく暮らして行きたいになると思います。そのためにも、地盤(軟弱地盤の場合には、改良工事による補強が必要となります)調査は家を建てるに当って必須アイテムと言われていますね。地盤(河川の近くや埋立地では、液状化現象が起こることもあります)調査の調査方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)は、戸建ての場合、スウェーデン式のサウンディング試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)が一般的におこなわれているでしょう。この試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)は、装置の操作が簡単で、費用も安いという特徴があるのです。そして、地盤(建造物の下にある地面のことをいいます)調査の試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)結果により、地盤の改良が必要かどうか決められるのですー